2015年03月11日

第5回 成年後見ミーティング開催しました。

第5回 成年後見ミーティングを開催しました。
3月7日(土)13:30〜15:30 プリオ 視聴覚室 参加者 10名
今回の話題は「死後の事務と後見終了の事務」でした。
 はじめに、長谷川卓也さんが、「本人死亡後の事務(死後の事務)について」と題して、被後見人等がお亡くなりになった後に、後見人等が法律上しなければならないことと必要に応じて、実際に後見人等が行っていることを整理してお話されました。特に被後見人等がお亡くなりになると同時に後見人等の権限がなくなるので、法律上当然にすべきこと以外は注意が必要となります。
DSCN0435.JPG
 続いて、池田進さんが担当されていた、被後見人が亡くなった後、「親族が関わってくれたケース」、「親族が関わることができない(関わりを拒否している)ケース」、「公正証書遺言があったケース」の3つの実践をもとに事務担当者として実際に行ってきたことをパワーポイントでお話されました。法人後見等、第3者が後見人等として関わるケースが増えており、親族がいても遠方であったり疎遠な関係になっていたりと最期の関わりから死後の関わりには大変なエネルギーを要します。また、検討資料ではありますが死後の事務を想定した、「被後見人が死亡した場合の対処方」としてフローチャートで死後の事務の流れを示してくださいました。今後、マニュアルを整備したいと考えています。

DSCN0440.JPG

 今回は、やや参加者が少なかったので(会場は今までで一番広かったのですが・・・)、参加者全員で死後の事務について議論しました。「公正証書遺言とは?」、「相続人が把握できない、疎遠で関係がもてないときどうしよう」、「本人が臓器提供カードで意思表示していた時の対応は?」等・・・。今回の議論だけでは足りませんでしたが、必ず直面することとしてその対応ができるようにしておきたい思います。
DSCN0441.JPG

参加者の意見・感想
■担当している方も、今はとってもお元気ですが、いつ体調を崩されるかもしれず、もしもの時の対応を今のうちに、いろいろ研究していく必要がある。
■相続人の方の対応が難しいことが考えられるが、一つずつ解決していかないと先に進まないので、速やかにすすめられるよう考えています。
■死後の事務について大変勉強になった。
■公正証書について理解が深まった。


次年度 第1回目は平成27年5月9日(土)
13:30〜15:30 プリオ 視聴覚室
    話題「後見事務マニュアルについて」
是非、ご参加ください!!    


posted by 事務局長 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民後見人