2018年08月02日

新しいパンフレットを入手

厚生労働省 社会・援護局 地域福祉課 成年後見制度利用促進室が5月15日に発行した、成年後見制度利用促進ニュースレター第2号で「裁判所の成年後見制度手続案内用パンフレットがリニューアル!」との見出しで、全国の家庭裁判所の窓口で配布されているとのことでした。そこで当法人の管轄である支部裁判所へ手続きのおり「新しくなったパンフレットを・・」と窓口で請求してきたのですが、なかなか入手することができませんでした。先日、本庁に所用があり依頼したところ、本庁でも残り数十部とのことでしたが、なんとか1冊いただくことができました。窓口に相談に来庁された利用者等に配布しているとのことで残数もわずかとのこと。
成年後見表紙.jpg

もちろん、インターネットでダウンロードもできます。

表紙から9ページまで PDFです

10ページから最後まで PDFです


今までのパンフレットと比べると大変わかりやすく、利用者の視点になっているなぁと感じました。
大きく表示の仕方がかわったなと思う点はここです。パンフレット6ページ
成年後見制度3種類新.jpg

古いパンフレットをお持ちの方は比較してみるとすぐわかるかな。古いパンフレットでは1ページ目の下段に示されています。法定後見制度の3種類が今までは「後見ー保佐ー補助」という表示がパンフレットに限らず、成年後見制度に関する書籍のなかでも一般的で多かったのですが、新しいパンフレットでは、「補助ー保佐ー後見」という表示になっています。
後見類型が偏重されているところの見直しでしょうか?法定後見制度が誰もが使いやすく、本人にとってメリットが感じられるよう、いきなり「後見」ではなく、本人の心身の状況に配慮しながら、「補助」からスタートしていこうという感じがしました。

表現の仕方という点では、新しいパンフレット10ページ目のQ2「成年後見人等は、選任されたらまずどのようなことをするのですか?」のページです。
表現.jpg
僕はここに重要なことが書かれていると思いました。どこかというと「面談などを通じて・・・」です。まずご本人にお会いして、ご本人から確認をする。当たり前といえば当たり前なことですが・・・。当たり前すぎて今までのパンフレットには「面談」という表現はなかったですね。本人抜きでこの制度を利用しないように。本人中心の支援、意思決定支援の必要性を感じる部分です。

裁判所が発行しているパンフレット等はこちらからどうぞ。


posted by 事務局長 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見制度

2015年11月30日

平成27年度家事関係機関と家庭裁判所との連絡協議会協議要領に参加

平成27年11月25日(水)に名古屋家庭裁判所豊橋支部で行われた表題の会議に、
長谷川代表と工藤が出席しました。出席者は、裁判所の職員(支部長、判事、書記官、調査官)、専門職団体代表(弁護士会、社会福祉士会、リーガルサポート、税理士会)、この地域の5市の社会福祉協議会にある後見(支援)センターの担当者、市役所(市民福祉部福祉課、高齢課、地域福祉課等)総勢38名の会議でした。
はじめに、名古屋家庭裁判所管内の成年後見制度の運用状況や今後の家庭裁判所の取組について判事より説明がありました。その後、事前に各出席者から発問されていた協議事項について担当書記官等が回答されました。協議事項は「市民後見人関係」「報酬付与と身上監護について」「後見制度信託について」等ありました。
詳細は会報第34号に報告します。
posted by 事務局長 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見制度