2016年01月28日

フォローアップ研修 第1回目

当法人が今までに実施した、市民後見人養成研修の修了者を対象としたフォローアップ研修
の第1回目を1月23日(土)ウィズ豊川研修室で9:30〜12:30まで行いました。SnapCrab_NoName_2016-1-28_10-22-35_No-00.png
2回目は2月3日(水)です。実施内容及び場所と時間は同様ですので、2月に改めて様子を記載したいと思います。
posted by 事務局長 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民後見人

2015年05月22日

第1回成年後見ミーティング 5月9日の報告

第1回 成年後見ミーティング 平成27年5月9日(土)13:30〜15:30

内容:後見事務の概要@   場所:プリオ3階 視聴覚室
参加者:9名  講師:池田 進 さん、工藤 明人さん

 今年度第1回目となる成年後見ミーティングを実施しました。
最初に私(工藤)より、昨年度の実施報告(詳しくは、写真を見てください!)をし、それを踏まえて、今年度の成年後見ミーティングの概要について説明させていただきました。
成年後見26実践報告.jpg
(平成26年度 成年後見ミーティングの報告)
 今年度は、市民後見人の方が安心して後見事務ができるように、出席者といっしょに「手引き書」の作成ができたらいいなと考えています。ある場面や状態毎に後見人がどのように事務をこなすのか?実践的な観点から皆さんと作ることができたらと思います。

 今年度の予定は
 第1回 平成27年5月9日(土) プリオ 視聴覚室
     後見事務の概要@ 「後見事務の流れ」
 第2回 平成27年7月4日    豊川社協
     後見事務の概要A 「後見事務の日々の活動と記録について」
 第3回 平成27年9月5日  被後見人を地域で支える 
     「地域にある福祉サービスを確認しよう」
 第4回 平成27年11月7日  家庭裁判所への上申、報告について
     「定期報告書・不動産申し立て・上申書について」 
 第5回 平成28年1月9日  死後の事務について

 第6回 平成28年3月5日  まとめと振り返り

 となっています。
 成年後見制度に関する事柄を手引書にまとめていきたいと思います。是非ご参加ください!

 さて、本日は「後見事務の概要@」ということで、当法人が相談を受けてから受任するまでの流れを概観した後、池田さんより成年後見人等の共通活動の手引き(案)にそって、1.受任直後、2.後見活動の開始、3.財産管理、身上監護のポイント 4.様々な後見事務内容 などについて説明していただきました。たたき台は工藤が作成しましたので、その説明のあと、参加者より訂正や疑問点を出し合っていただきました。みなさんで考えることによってよりわかりやすい手引書が作れそうな気がしました。
DSCN0444.JPG
(話し合いの様子)

参加者の感想
・大変良い内容でした。参加者が少ないのが残念でした。
・私の場合、途中からセンターの方から引き継ぎをしたため、最初の事務をしたことがありませんでしたので、とても勉強になりました。気がついていない事が本当に多いことに初めて気がつきました。頑張って準備します。
・事務の中でかかえている問題が非常に参考になりました。

次回は 平成27年7月4日(土) 13:30〜15:30まで 豊川社協ウィズで実施します。
    後見事務の概要A「後見事務の日々の活動と記録について」

関心のある方のご参加をお待ちしています!!

 
posted by 事務局長 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民後見人

2015年03月11日

第5回 成年後見ミーティング開催しました。

第5回 成年後見ミーティングを開催しました。
3月7日(土)13:30〜15:30 プリオ 視聴覚室 参加者 10名
今回の話題は「死後の事務と後見終了の事務」でした。
 はじめに、長谷川卓也さんが、「本人死亡後の事務(死後の事務)について」と題して、被後見人等がお亡くなりになった後に、後見人等が法律上しなければならないことと必要に応じて、実際に後見人等が行っていることを整理してお話されました。特に被後見人等がお亡くなりになると同時に後見人等の権限がなくなるので、法律上当然にすべきこと以外は注意が必要となります。
DSCN0435.JPG
 続いて、池田進さんが担当されていた、被後見人が亡くなった後、「親族が関わってくれたケース」、「親族が関わることができない(関わりを拒否している)ケース」、「公正証書遺言があったケース」の3つの実践をもとに事務担当者として実際に行ってきたことをパワーポイントでお話されました。法人後見等、第3者が後見人等として関わるケースが増えており、親族がいても遠方であったり疎遠な関係になっていたりと最期の関わりから死後の関わりには大変なエネルギーを要します。また、検討資料ではありますが死後の事務を想定した、「被後見人が死亡した場合の対処方」としてフローチャートで死後の事務の流れを示してくださいました。今後、マニュアルを整備したいと考えています。

DSCN0440.JPG

 今回は、やや参加者が少なかったので(会場は今までで一番広かったのですが・・・)、参加者全員で死後の事務について議論しました。「公正証書遺言とは?」、「相続人が把握できない、疎遠で関係がもてないときどうしよう」、「本人が臓器提供カードで意思表示していた時の対応は?」等・・・。今回の議論だけでは足りませんでしたが、必ず直面することとしてその対応ができるようにしておきたい思います。
DSCN0441.JPG

参加者の意見・感想
■担当している方も、今はとってもお元気ですが、いつ体調を崩されるかもしれず、もしもの時の対応を今のうちに、いろいろ研究していく必要がある。
■相続人の方の対応が難しいことが考えられるが、一つずつ解決していかないと先に進まないので、速やかにすすめられるよう考えています。
■死後の事務について大変勉強になった。
■公正証書について理解が深まった。


次年度 第1回目は平成27年5月9日(土)
13:30〜15:30 プリオ 視聴覚室
    話題「後見事務マニュアルについて」
是非、ご参加ください!!    


posted by 事務局長 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民後見人